蕎麦が食いたい

  • 2011/12/23(金) 23:37:00

「由利本荘市には蕎麦が無い!」と智恵子は言う。

バブル後にようやく爺さん方が細々と始めた、由利本荘の(趣味の)ソバ屋も
リーマンショックと経営者の高齢化のせいで、絶滅してしまった。
清吉
の蕎麦は「清吉の蕎麦」と言う独得のジャンルなので世間的には認められるモノではないし
与一
は先代の頃からうまいと思った事が無い。
石碾屋
はオレの中では最も理想に近かったが、親父さんが亡くなってしまった。
新井
は近所の間に合わせという感じだったが、最後まで天ぷらが下手くそだった
石脇の山の上に有った店も一度行ったきりで無くなっちまった
鳥海のももや二回行ったがうまいとはとても言えない

オレのなかでは、由利本荘で冷たい蕎麦は南部家敷、温かい蕎麦という緩いジャンル分けなら平沢駅の立ち食い蕎麦屋かイオンセンターのスナックコーナー。・・・これは危機的な状況だと思われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む