ムーブメント

  • 2008/04/29(火) 21:21:37

ミュージックエアでジミ・ヘンドリックスの「ワイト島ライブ」を見る機会があった。亡くなる18日前、最後の伝説的な映像(らしい。だってオレが小学生の時の話だから)

今や死語になって久しいサイケデリックなオレンジのステージ衣装を着たアフリカ系アメリカ人のギターヒーローはとにかくかっこよかった。18日後にドラッグのやり過ぎで死ぬ運命にあるようには全く見えず。ひたすらに伝説の男は、正気で冷静。かえって聴衆の方が長髪・口ひげ・チェックのブレザー(イギリス領だから仕方ないかもしれないが)だった事の方によほど違和感を感じた。恐らく同じ時期アメリカ西海岸ではジミヘンみたいな格好をしたチルドレンがあふれてただろうから。(「’69以降ウェストコーストが魂を失った」とイケメンバンドのイーグルスが偶然にも正鵠を射てしまった「ホテル・カリフォルニア」がリリースされたのは76年の事)

その当時オレはどうして居たかと言えば、駅前のこまつ電器で買ってもらったラジカセでテレビの歌謡曲を一生懸命に録音していた様に思い出される。オレが正式にロックの洗礼を受けるのは五年後のことだ。

日本でもそうだったが、欧米でも彼らの夢見たパラダイスは実現しなかったし、鉄のカーテンの向こう側にあったのも結局幻想でしかなかったらしい。

現実ってキビシイ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

懲りねえ連中

  • 2008/04/26(土) 19:54:54

相棒が評判の良くない自称友達からいい話を聞いたと言う。

何の事はない、ググれば公式サイトの次にマルチだの詐欺だのってキーワードがわんさか出て来るMLM(マルチレベルマーケティングの略だそうな。別名「ネットワークビジネス」それってマルチじゃねえかw)

MLMが詐欺かどうかと言うのは結構微妙な部分がある。商品が価値のあるモノで、消費者兼販売者がその価値を認めるモノだった場合は正当な販売方法だと言える。(○○ウェイなど関係者が商品に惚れ込んでいる場合)

その際に「これは絶対に儲かる!」とか「○○さんは月収○百万らしいよ」とかいい加減なトークを用いた場合、あるいは商品が無価値であるのを詭弁を弄したり、相手が商品に充分知識がないのを知っていながら大事な事を教えなかったり(こないだ流行ってた「○市」などはゲーム機以下の機能しかないアダプタを10万で売ってたのでこの例に当たるだろう。業務停止命令食ったらしいが)したら詐欺扱いされても仕方ないのではないか。

思うのだが、こういういい話を持ち込んで来るのも、真っ先に引っ掛かるのも、決まって毎回同じ人なのだ。オレの周りでは、女性で家庭に何かある人の場合が大部分だ。自活しなければならなくて、通販の代理店等営みながら手軽な副収入を鵜の目鷹の目で探してるのだろうし、名簿が出まわってるのもあるかも。

それにしても、過去に良い思いした事あんのかねえ?どんなマルチでもこんな田舎に来る頃には、都市部で行き詰まってからだろうし、少しは学習したらどんなモンだろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

他人事だけど

  • 2008/04/22(火) 22:19:12

「光市母子殺人事件」は判決理由や弁護側の即日上告も含めて、予想通りの展開になった。

遺族の粘り強い戦いと、法廷を「死刑廃止論」をぶつ現場と勘違いした「人権派弁護士団」こそが薮をつついて蛇を出す元になったと思う。
「元少年」を真剣に弁護するつもりなど「人権派弁護士団」にははなから無かったのでは無いだろうか?(因みに弁護団長の安田好弘弁護士は引受け手のない事件にもっぱら興味と情熱を燃やし、マスコミ嫌いとして有名)

そもそも「死刑廃止論」を刑事事件の法廷で弁護手段として行うことは、ゲリラやテロリズムに近い間違った方法論である。刑法を改正したければ法制審議会に付託する方が本道というもの。

世の中には彼らのようなヒューマニストと同じぐらい、犯罪を憎み正義とは何かを真剣に考えている人々もいるだろう。

世界的に減りつつある「死刑」そんなものは出来れば無い方がいいに決まっている(但し自分が被害者では無い場合に限られるが・・・)
世界的には「終身刑」か「死刑存続」という選択肢になっているようだが、本当に死刑制度は必要ないのだろうか?

「この判決によって少年犯罪における死刑のハードルが外れるのでは?」と某紅日新聞記者が質問したらしいが、本村氏により一蹴。

加害者が中学生並みの心であろうが、いつの時代も罪と罰の基本精神は「動物ではない、人間(という種)としての倫理規範ではないのか?

来年には「裁判員制度」が始まるが、自分が(量刑はプロが「判例」を元に判断するのだろうが)裁判員になった時、被告が有罪か無罪か、人の生き死にを含め自分に正しい判断が下せるのか考えずにはいられない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

血眼

  • 2008/04/21(月) 19:09:14

土曜の朝、顔を洗って鏡を二度見してしまった。
血を流したように右目が真っ赤なのだ。
もしかして脳出血?それとも失明するの?
だが不思議な事に、痛くもかゆくもなく、視力はしっかりある(反対の眼よりよく見える程)、半身がしびれたりろれつが回らなかったりもせず、目が赤い以外はすこぶる健康なのだ。

運悪く土曜、m眼科は立錐の余地もないほどの混雑、仕方なくh眼科で2時間待ちの3分間診療。「目薬を点けておけば1週間でよくなるから」結局眼球内で毛細血管が切れてそこから出血と言う事らしい、言ってみればひどい充血ということか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

更に現実は厳しい

  • 2008/04/15(火) 22:05:08

まさか去年の「わかすぎ国体」で天皇杯・皇后杯取ったからって、いきなり秋田がスポーツ先進県になったと本気で思ってる人はいないだろう。これは前回1961年の「まごころ国体」でも同じだったはず。ウラにはしっかりと秘密があるのだ。

大体が国体のHPには直接記載されないのだが、「ふるさと選手」という裏技がある。(国体準備室のHPにadobe acrobat形式のpdfファイルで掲載される場合が多い。これは開催都道府県に花を持たせる為の特例措置と考えていいだろうし、また対象にならない選手や何も知らない観客に引け目を感じているからに違いない。まあそれを大々的にhtmlで痕跡遺しちまうのが「秋田的抜け柵」だと考えるとまた鬱になる。秋田じゃ痴呆公務員はやはり痴呆なんだなと。)

だから、今年TDKFCが未だ勝てないのも無理はない。所詮は4部のティームなんだもの。一昨年3部に昇格したのは国体効果だったと考えれば納得が行くのでは?


秋田県ソフトテニス協会HP「ふるさと選手登録制度について」http://www.jsta.or.jp/~akita/furusatoseido.html

削除される前に見て置いたほうがいい。疑う目があるのなら。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る