ホテルオタク

  • 2007/05/31(木) 08:59:59

世の中にはホテルオタクやマニアと言える人達が少なからず生息している。

公私を問わず、旅費を節約する生活には考えにくいだろうが、動かし難い事実なのである。

なぜ、同じ時間を過ごすのに一泊素泊まり¥3,500のカプセルホテルや¥2,000ぐらいで済む健康ランドの夜明かしではいけないのだろうか?

この事についてオレには合点が行くのである。即ちホテル滞在と言うのは「非日常」なのだ。自分で飯の支度しなくていいし、掃除もやってもらえる。年に何度もあるわけではない東京出張や旅行が「日常からの逃避」になるのである。だからホテル好きは基本的に女性的な嗜好なのだと思われる。(メチャクチャ少ないサンプルから強引に似非統計をひねり出す『o-yagi総研』という脳内シンクタンク(以後oskと称する)の試算による)即ち「自分で作らない料理はすべておいしい」あるいは「掃除もベッドメイクも人任せで夜景がきれい」などの、ちょっとムカつく考えなのだが・・・

なかにはその「ホテル好き」を商売にしようとする輩も出て来る。

以前「ホテルジャンキーズ」というサイトを運営し、同好の志を募ってその投稿を自分のものにして本を出した石坂某という女は同サイトの会員から告訴された。

そんな中、本業は別なのだが(プロのピアノ奏者。仕事上全国を旅行してるのだが都内に自宅があるにも関わらず1年の半分はホテル暮らし)趣味でホテルインプレッションをサイトに書き始めたら読者には大受け、ホテル関係者には恐がられる反面、知らない若いスタッフややる気のない連中には相変わらず「日本のホテルは・・・」と思う様な扱いを受けてるらしい。そこが読みどころなんだけどね。


yksonik喜怒哀楽

http://www.yksonic.com/kidoairaku.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

罪と罰と野次馬根性

  • 2007/05/27(日) 08:59:59

最近、裁判員制度の導入が決まったせいか各メディアで裁判ネタが増えて来たように思う。

まあ筆者本人も「裁判員制度の導入に伴って、一般の人達に裁判を見直す機会を与える為」と言っているが、裁判所に通い詰め他人の裁判を傍聴しまくり、雑誌に連載しあまつさえ単行本として出版するなど不謹慎極まりないのだが・・・それにしても面白いモノは面白い事として否定のしようもない。

裁判所とは、縁のない場所(でもない)だがいろんな人生が詰まっている事か。

続巻の文庫化を期待したい。

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」北尾トロ・文春文庫・¥629

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

作家の苦悩

  • 2007/05/23(水) 08:59:59

世界のパワーバランスが変ると、それをネタにしている作家も苦労するようだ。

トム・クランシーは保険屋さん上がりで、自分でも相当勉強したらしく、米軍の解説本まで書いている。最近は手が足りないのか、国際関係論の共著者と組んでいるが、この手のテクノスリラーは敵の設定が難しい。しかも本人が強固な共和党員なのかどうかも不明だが、次の大統領選で民主党有利が伝えられる昨今、現場をアフリカに設定したり(有形無形に合衆国のチカラがそこにも及んでいる訳だが・・・)悪者は政府ではなくテロリストや狂信者だったり、日本の外務省がウラで糸を引いてたり、諜報機関の上層部がみんなプライベートで悩んでたりと、とにかく大変なのだ。

そういう意味では、空軍ウォッチャーに専念し、ミサイルが飛んで来たら全部敵というデイル・ブラウンは楽かも知れない。

「聖戦の獅子・上下」トム・クランシー 新潮文庫 各¥629

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

またまた昼飯の問題

  • 2007/05/19(土) 08:59:59

たかが外食と侮るなかれ。毎日昼は外食で、それが一番しっかりした食事であるオレにとっては死活問題に近いのです。

昨日「一丸寿司」がオープンしましたね。今日昼の時間がずれたので行って来ました。

一言で言うと、魚にそれ程旨味を感じさせないし、シャリも「うーん・・・」と言う感じ。総括すれば「永助寿司」のシャリのムダな甘さを減らした感じとでも言えばいいか。正直通う気にはなれない。特別安くもないし。開店半月前に板前募集してたし・・・

まあ開店記念に湯呑みもらったから、それはそれでいいか。行きたい人は勝手に行けば?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

小坂忠、ライブ懐かしい

  • 2007/05/16(水) 08:59:59

30年近く前の事が蘇ってくる。

59才、声も昔と比べてそんなに落ちてる訳でもなく、30年間牧師をやって、且つ音楽活動もそれなりにやってたのは伊達ではないなと思わせる。

前半も良かったが、アンコールでやったサッチモの「what a wonderful world」やロッド・スチュワート「sailing」に目頭が熱くなったのは、単にオレが老いた印だろう。

あんまり観ない有料テレビにお金払ってると、時にはいい拾い物する事もある。



ps1 よっさんちのハルちゃん可愛いねえ。赤ん坊はどんなに見てても飽きないなあ。  ウチのも小さい時にはベッドに登れなかったものなあ。

ps2 NTTの昨夜の失態。事実上の独占企業の癖に何たる怠慢か!数年前の秋田IXダ  ウン事件を思い出す。「サービスに対する料金」という事を全くわきまえていな  いのが大企業や役所(およびコネ関係者)なのだな。役に立たない者は去れ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る