新タイトル奪取!

  • 2007/04/23(月) 08:59:59

統一地方選も終わり、「長崎が夕張が」とマスメディアや2ちゃんでも喧しい声が、まだ聞こえて来ます。

さて昨今いろいろな分野の統計でネガティブ部門のトップ争いには常に顔を出し、栄えあるワーストタイトルのトロフィーを県庁の応接室に誇らしげに並べ続けて来た我が故郷に、新たな栄冠が加わりました。

1%以上の人口減は、阪神大震災時の兵庫県以来だそうです。すばらしい。

単細胞生物であるところの菌類や、生物でさえないウィルスでさえも「宿主を食い尽くしたら自分が危ない」と言う程度の知恵は持っていると言うのに・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070422-00000005-gen-ent

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ニュートンの憂鬱

  • 2007/04/22(日) 08:59:59

今のクルマ(愛着の湧かないクルマを愛車とは呼ばない)に乗り換えて早、五年になろうとしている。

今までずっと、比較的軽く動力性能が高い、そして乗り手の意志である程度走りの質を変化させられるクルマ選びを(財布の許す範囲でだが)して来たつもりだった。

今のクルマは、4WD・4ドア・ATとすべてが初めて尽くしだったが、中古車ゆえの個体差なのか(事故歴無しの筈が雨漏りしやがる)、メーカーの設計思想なのか、はたまた単なる相性の問題なのかは分からんが結局失敗だったと言えるだろう。

4WDだからスキーに行くのに便利、ったって今までFFで十二分に間に合ってたし、4ドアでもウチの場合リヤシートを使う事なんて2年に1度あるかないか。ATで少しらくちんだったが、かわりに運転がいい加減になったし、何よりNAの4気筒とはいえすこぶる燃費が良くない。さらに前のクルマと比較して大人一人分重量が増えた。

ノロいわ緩いわ、ブレーキの甘さに何度冷や汗をかいた事か。

このクルマ、オレに向いてない。それに、一台ですべてのニーズを賄うなんて絶対に無理だ。余所んちと比べて走行距離が倍なのだから、単純に言ってもクルマは用途別に2台以上必要なはず。

そもそも、1台で1所帯のニーズを満たそうとするムリが、日本の今の自動車品揃えをねじ曲げてるのだ。

こんなのクルマじゃなくて単なる「荷車」だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

恐るべし!九州人

  • 2007/04/19(木) 08:59:59

今日はこないだ契約した、スポニチ九州版の広告掲載日。

昨夜担当者から「おかしな電話が掛かって来たら注意して下さい。」と意味不明のメールがあったのだが一夜明けて納得。朝から来るわ来るわ、電話が10本以上。全部九州の市外局番。しかも全部が全部広告の営業・・・

のんびりと向こうから来るクライアントを待つ秋田県人には、想像も出来ない食い付き営業だ。

おかげで少しノイローゼ気味・・・電話機に付いている「特定番号着信拒否機能」が初めて有り難いと思った(^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

慣れてるとはいえ>サクラサク

  • 2007/04/16(月) 08:59:59

昨日から始めたWindowsの再インストール。ついさっきほぼ復旧した。慣れてるとはいえ、我ながら実に素早い。(こんなことに慣れてどうする)

ついでに、今までどうしても(オンメモリだった為に)削除出来なかった「トロイの木馬」も、きれいさっぱりさようなら。

ちょっとした手違いで、ブラウザ(変りモンオレは、sleipnir(純国産です)という、ちょっと他人とは違ったウェブブラウザを使ってるのだが、ちなみのメーラーはmozilla thunderbird)のブックマークが無くなってしまったが、これも生活リセットの一部と思えば、逆に清々しい。googleが助けてくれるから。

たまにはレジストリをまっさらにしてみるのも、またいいモンだ。皆さんにもオススメ!

そういえば今朝、山道にコブシの花が咲いてた。ウチの相棒が好きな花だ。桜のツボミもだいぶ赤らんで来て、ウチの前の木や鶴舞温泉前の木も数輪開いてた。由利本荘市の標本木がどれなのかは知らんが、今日明日にも開花宣言だろうな。

そろそろ、クルマにカメラ積んどくか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

昨日の続き>大工事

  • 2007/04/15(日) 08:59:59

メインマシンの動作が相当ヤバくなって来たので(何しろマウスの右クリックが使えない)、人生何十回目かのOS再インストールを行う事にした。

これを始めたらまあ、普通1週間単位の仕事になる。もちろんその間PCは使えず、常にビル・ゲイツのニヤけ面が頭に浮かんでムカつき続けているのだが、これは安倍首相のリーダーシップの無さとか、民主党の野合から来る党内不一致と同じで、一市民のオレには一朝一夕にはどうする事も出来ず、ひたすら時代を嘆きつつデータを一時待避させてユーザ自らが行う「ノアの方舟」に備えるのである。

「ブルーバック」と言って、マイクロソフトのOSを使っている最中に、画面が青くなるのはシステムの根幹に関わる大事件なのだが、どんなに回数を重ねてもこの場面での緊張感は無くなりはしない。「もしかして、無くなったら大変なデータや設定をバックアップし忘れてるのではないか(即ち「大洪水に際して今後必要になるであろう動物を(エホバの意に反して))方舟に乗せ忘れているのではないか」という恐れを感じるのだ。まあ、常にその恐れは当たっていて、毎回自分のシステムを復旧するのには相当の時間を要するのだが・・・

今回は、メインシステムは現在復旧中だが、ノートが比較的にちゃんとしてて助かってるのである。

こんなにユーザに負担を掛けるOSでほんとにいいんだろうか?

まあ誰もその事に一石を投じ(る事は出来るが)ても既定路線は大きくは変わらないだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る